×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

私の脳にはアンテナが生えている。
その特殊なアンテナは、彼の目から、表情から、からだ全体から発される電波を、逐一拾い取る。

常に貴方の周波数に合わされたままのチャンネルは、今も貴方を探している。




ラヂオ
藤和と紅音・10






放課後、いつも通り生徒会室には藤和がいた。
がらんとした室内に、彼以外の人間はいない。
会長専用デスクに突っ伏していた藤和は、私が扉を開いた音に、少し驚いたような顔で起き上がった。
とろん、とした目は、眠そうと言うより、具合いが悪そうに見えた。

「どうしたの、藤和」

定位置に鞄を下ろしながら言った私に、藤和は答えようともせず、おもむろに携帯電話を取り出す。
不審に思うより早く、私の携帯が藤和からのメールを受信した。

『風引いて声が出ない

ご丁寧に絵文字つきだ。
男の癖に、キラキラしたメール打つんじゃないよ、と思わず出かかった偏見をなんとか飲み込む。
藤和のメールは、たまに女の私が打つメールより可愛かったりするから、嫌だ。
携帯画面を見下ろしたまましばらく無言になっていた私に、何か不満を持ったらしく、すぐさま次のメールが届く。
どうせ、子供みたいにムキになって、嘘じゃないよ、とか言うんだろう。

『嘘じゃないよ本当に声が出ないんだよ

予想通りにも程がある文面に、なんだか力が抜けた。
改めて藤和を見れば、興奮したからか、具合いが悪いからか、微かに頬が赤い。

「どうせ夜更かしでもして風邪引いたんでしょ」

いつもより弱って見える彼が少し心配になって、私はわざとからかうような言葉を選ぶ。
すると藤和は、思った通り、むっとした表情を浮かべ、また携帯を構えた。

「紅音ちゃん、感じわるい、でしょ?」

メールをうち終わるより早く、藤和の携帯を指先でこちら側に倒しながら、言う。
ディスプレイには、私の言った通りの文字が並んでいた。
藤和の色素の薄い目が、私をじっと見上げている。
それはだんだんと緩み、満足そうな笑顔を作った。
不覚にも、その綺麗な笑顔にみとれていた隙に、新たなメールが私の携帯を震わせる。

送る必要ないかもね
「いやいやいや、会話に手抜きすんなよ」

私の返答に、藤和が眉を寄せた。
どうやら解読に失敗したらしい。
藤和はデスクに頬杖をつき、しばらく何か考えるような仕草をする。
私の誤解を解くための言葉を探しているのだろう。
なかなかニュアンスが難しいようだ。

「無理に会話しようとしなくていいよ。からだ辛いんでしょ?」

デスクから離れようとした私に、藤和が慌ててすがるように手をのばす。
私は、そんな子供みたいな反応をする藤和がおかしくて、思わず笑ってしまった。

「ちょっと休んでなよ」

握られた手を見下ろしながら、自然と穏やかな声が出る。
それでも不安そうな顔のままの藤和に、私は言った。

「大丈夫だよ、置いて帰ったりしないから。書類の整理が終わったら、起こしてあげるよ」

藤和は、私の言葉を聞いて、ようやく安心したように手を離す。
それから、今日は珍しく素直に私の言葉に従った。
大きな背持たれに体を埋めるようにして、目を閉じる。
藤和の白い瞼、微かに荒い息。綺麗な藤和。
額に触れると、確かに熱がある。

ああ、なるほど。

席について、ファイルを開いたところで、ようやく理解した。

メールも、言葉も、必要ない。
私のアンテナは、藤和の目から、表情から、からだ全体から発される電波を、逐一拾い取る。


「メール送る必要、ないかも…ね」

藤和の寝顔を眺めながら、小さく呟いた。
藤和は深い呼吸を繰り返し、穏やかな顔で眠る。


きっと、彼は私の脳に生えたアンテナに気が付いたんだ。

 

 

<了>